ohyabu OHYABU
ohyabu
フォロー:406
フォロワー:471
投稿数:19,668(4.7件/日)
Twitter歴:4,166日(2009/10/12より)
並び順:新→古 古→新
更新日時 03/08 06:17 [5]更新
[8]メニュー
 2021年02月03日(水)
大変嬉しいコメント。 ただ1つ修正させて下さいね。 足立明氏は1936年生。終戦時誕生日がくれば9歳でした。 アニメのキャラデザ等や漫画版執筆を担当された楠高治氏も同年生まれ。 この世代の方々の物の考え方には、戦争そのものからだけでなく、戦後の価値観激変による影響も、往々に見受けられます twitter.com/abemasa3/statu
15:16:34
 2021年01月31日(日)
『遊星仮面』。 漫画はTVアニメの設定(←全脚本も担当した足立明氏の原作)を生かしながらも、ほぼ楠高治氏オリジナル。 最終回もそうである…。 残念ながら、次代に伝えるべき(伝えられる)この作品のエッセンスを、漫画では生かしきれてないと私は思う。 (たとえ楠氏と親交があってもそう感じてる) twitter.com/OXvjAl5sfXpfga
16:17:45
 2021年01月06日(水)
足立明氏は、ご本名の「足立昭」の名で、今はなき劇団ピッカリ座を主宰しておられた。
00:36:43
足立明氏。本日ご命日。 『妖怪人間ベム』『遊星仮面』の原作&全脚本担当者! 氏を知るには拙サイトのここから→yusei-kamen.info/information/in 小説も遺す! ◆『砂漠の王子とタンムズの樹』 紹介yusei-kamen.info/memori_adachi/ ◆『カッパの剣』 紹介yusei-kamen.info/memori_adachi/ 一部本文twitter.com/ohyabu/status/
00:32:34
 2020年12月24日(木)
@murakirin1 2007年の漫画単行本化の際に解明された内容ですね。 当時の社長がかつてのスタッフのお1人でしたからね。 でも解明された内容も、公式HPは無視。 依然2006年の内容のまま「脚本 足立 明ほか」と。 そればかりか最近また公式HPに誤りが。ご指摘頂きましたtwitter.com/doughnut_f/sta 美術のスタッフ名!
16:45:47
「安彦良和も参加、1978年放送「星の王子さま プチ★プランス」Blu-ray化」natalie.mu/comic/news/409 『妖怪人間ベム』『遊星仮面』の原作/全話脚本担当者・足立明氏も、この作品に参加。 アニメ作品としては、現エイケンの初期作品と第一動画(今はない)作品以外で名が記された、今のところ唯一の作品
15:52:47
 2020年11月29日(日)
@yui_evangelion すみません… 『遊星仮面』は、原作:仁田信夫(=足立明)、漫画とキャラデザ等:楠高治です。 楠氏は、桑田二郎(桑田次郎)氏のアシスタントを長年務めてた為、一時期絵が似てました。 レインボー戦隊ロビンについては、ファンサイトのこちらの頁をrobin.fan.coocan.jp/gensaku.htm 非SSLサイトですが安全です
18:45:09
 2020年11月01日(日)
削除したツイート一覧(2) 亡き方々へ…… 楠高治氏 2016/12/10 2017/12/10 2019/1/13 藤田淑子氏 2018/12/29 足立明氏 2017/1/6 2018/1/6 2019/1/6 pic.twitter.com/JBddUMkgcu
07:33:57
 2020年10月25日(日)
『遊星仮面』の、優れてるとされる脚本は、全て足立明氏によるもの。 氏は原作者でもある(←楠高治氏証言) また氏は、現在公開中の劇場版『BEM』のもとになった『妖怪人間ベム』(1968)の原作&全脚本もご担当。 小説は『砂漠の王子とタンムズの樹』以外に『カッパの剣』がtwitter.com/ohyabu/status/
14:41:41
 2020年10月10日(土)
@muraki_rin でもあの話は間違いなく、第36話は間違いなく足立氏の作品です。 話の内容からも、そう確信しています。
15:38:55
@muraki_rin ですがね〜ちょっと愚痴りますが、 確かに『遊星仮面』の漫画単行本には、脚本は足立明氏お1人と記載されてますが、エイケンHPでの作品紹介には「脚本 足立 明ほか」と。 漫画出版前からそうなってましたが、出版後も修正せずです。 遡ること70年代、第36話を紹介した雑誌では、脚本欄には別人の名が
15:30:35
 2020年08月02日(日)
ちょっと脱線するけど…… IMAGICA版DVDの件で、最近何度も恨み言を言ってるけど……言いたくもなるわ! 当時CS放送を通じ、全話揃ってることは確認できてた。でも唯一DVDにならなかった。 なってたら足立明氏の証言があったはず。そうなると『妖怪人間ベム』の制作内容もしっかりと解明されてたかも
05:49:07
 2020年07月30日(木)
57ページに、島根県出身の足立●●氏の最期らしき状況について書かれている部分がある。 ちなみに足立氏は島根県ご出身である。 ひょっとしたらご親族のどなたかが沖縄戦で……。
03:59:38
足立明 ・『妖怪人間ベム』『遊星仮面』の原作&全話脚本担当者 ・小説『砂漠の王子とタンムズの樹』の作者 ◆彼が書いた『カッパの剣』より「首里城の少女」。 解説yusei-kamen.info/memori_adachi/ 一部ぼかしてるのは、発表済小説とはいえ、公開には本来ご遺族のご意思が必要と考えて。それに悪用防止の為 pic.twitter.com/bRYdnPiOox
03:49:21
 2020年07月07日(火)
@TsuyuMoon 調べましたら沖縄には、島根県戦没者慰霊塔「島根の塔」というものがあるようで。 今回調べて改めて、沖縄戦での戦死者が全国に渡ってたことに驚いてます。 私の母方の伯父1人も沖縄戦で戦死。香川県出身の戦死者の1人になりますけど…。 足立氏の平和への思いの片鱗を、機会があれば見てみたいです
16:53:23
@TsuyuMoon いえいえこちらこそ…。 『妖怪人間ベム』パートU(未放送)の粗筋のご説明、有難うございます! やはり、戦争なのですね…。 足立明氏の子供時代の戦争体験については何も知らないのですが、過去の作品から推測するに、お父様が沖縄戦で亡くなられたのではないかと。 全くの推測にすぎませんけど…。
16:52:25
 2020年07月06日(月)
@TsuyuMoon こうした推測は、私が今やってることに取り入れさせていただくかもしれません。 そして…… twitter.com/TsuyuMoon/stat について: しっかりこの作品を見て下さってるのですね。 当時のスタッフの方たちはお喜びだと思います。特に足立氏は! (ただ、殆どの方がお亡くなりになってるでしょうけど…)
17:17:42
 2020年07月03日(金)
@TsuyuMoon 訂正です。 サイトに記載予定の内容は、 パピイDVDの中に足立氏と庵原氏の対談があったことと、「こういう話が入ってるようです」との概要だけ。 お名前を記するようなことは致しませんが、ツイートを参考にさせて頂ければと。 なんか強制するかのような文面になってしまったこと、お詫び致します。
14:09:33
RT @TsuyuMoon: @ohyabu 長くなりましたが対談については以上です。 パピイについて、私見ですが、 22「バイバイ土星人」 28「魔人ガイスト」 41「砂漠の鉄将軍」 44「水晶谷の復讐魔」 が、もしかしたら足立氏の本では?と思いました。 参考になれば幸いです。
02:08:29
RT @TsuyuMoon: @ohyabu 庵原氏と足立氏は遊星仮面やベムでも二人三脚で組んでいたようですが、前者に庵原氏の名が記載された資料は未確認。 庵原氏が遊星仮面に関わっているとすれば、どのような立ち位置だったのか気になる所ですが、先のパピイ、後の黄金バットに参加しているため、かかりきりではなかったかもしれません。
02:08:01
[6]次のページ
[2]ページの先頭へ
 メニュー[8]
最新の情報に更新[5]
最近のツイート[1]
過去のツイート[3]
Friends一覧
[#]Hashtags一覧
@ohyabuホーム[0]
■ツイート検索
»このサイトについて
新規登録
ヘルプ
利用規約
運営者情報・お問合せ
Twilogホーム[#]
(c)ropross.net